成功と幸福を呼ぶ言葉06

51 痛みは味わえ、そうすれば人の痛みが分かる

普段私たちは、あえて失敗をしたくないし、痛い思いをしたいとは思っていません。

しかし、失敗を恐れて現状以上のことにチャレンジしなければ、人間として生きている価値がありません。
どんどん、自分の経験したことのないことに挑戦して、失敗をしても構わないのです。
いや、むしろ若いうちは失敗すべきなのです。
自分が痛い思いをしなければ、人の本当の痛みは分からないのです。
人がつねられているのをみても、自分がつねられたことのない人は、その人の本当の痛みが分からないのです。
痛みを恐れず、未知のことに挑戦してみるのです。

自分にとっての新たな経験は、それがうまくいけば、当然、貴重な体験になりますし、
失敗すれば、成功した以上に未来に向かっての財産となります。
体験したことは、全て自分のキャパシティを広げているのです。
痛みや苦しみと直面した時に、それから逃げるのではなく、ぶつかっていくことにより、
自分自身の精神力を強くしてくれる可能性があるのです。
困難に堂々と立ち向かい、自分の成長する糧にするのです。

人類が、文明を発展させてきたのは、全て難しく思われる問題を解決することからなのです。
例えば、格闘技の練習で強くなるコツは、まず身体を動かして、実際にぶつかってみることです。
何十冊の本で、知識としていろいろなことを詰め込んでも、一回の身体を張った練習の方が、はるかに効果的なのです。

そして、自分よりも弱い人と練習すると、自分にとっては楽な練習ができますが、力がつかないのです。
自分よりも強い人と練習すると、確かに苦しい思いをします。

しかし、苦しい思いをすると共に、強い人に引きずられて、自分自身の潜在能力を引き出されることとなるのです。
結果として、強くなるのです。

人生も全く同じことなのです。

難しい問題にぶつかったと思った時は、自分の本当の素晴らしさを発揮するチャンスなのです。
全く新しい自分を発見するチャンスなのです。

ですから、困難なことに遭遇した時には、喜ぶべきなのです。
今こそ自分を磨くチャンスと思い、ファイトを燃やすべきなのです。
痛い経験を数多くしている人ほど、自分自身の素晴らしさを発見でき、実り多い人生を歩めるのです。

痛みは味わってください。

成功したいと努力しているのに思うように成功できない方へ「無料メールセミナー」