成功と幸福を呼ぶ言葉03

22 悪口は言った本人に還ってくる

私たちの意識は、顕在意識、潜在意識、宇宙意識からなっています。

私たちの潜在意識というものは、大きな貯蔵タンクのようなものです。
私たちが見たり、体験したものは全て、潜在意識の大きなタンクに貯蔵されているのです。
潜在意識の中には、生まれてから、現在までの経過が全部、寸分の狂いもなく入っているのです。

顕在意識の世界では、自分と他人との区別はつきますが、潜在意識というのは、他人と自分との区別がつかないのです。

もっと深い世界の宇宙意識になると、自分も他人も、もう全く同じなのです。

ですから、他人の悪口を言っているつもりでいても、実際は、自分自身の潜在意識に落とし込んでいるのです。
「あの人が、失敗すればいい」と言えば、あの人というのは消えて、失敗すればいい、
という言葉だけが潜在意識のタンクに貯まるのです。
これは、思っただけでも同じことなのです。
「あの人が、悪くなればいい」と思えば、悪くなればいい、という言葉だけが潜在意識のタンクに貯まるのです。
その結果、自分自身に言ったこと、思ったことになり、自分が最初に失敗したり、悪くなったりするのです。

逆に、他の人が成功を心から願ったり、励ましたりすれば、結果的に自分自身に対する自己宣言や励ましの言葉となるのです。
「本当に、あの人が成功しますように」と思ったり、「大丈夫だから頑張って」などと励ませば、
自分自身の潜在能力の中に、成功する、大丈夫、頑張る、というプラスの言葉が蓄積されていくのです。

潜在能力の中に貯蔵された、言葉すなわち考えは、何かに直面した時に、行動となって現われてきますから、
マイナスの考えが貯蔵されていた人には、マイナスの現象が現われてきます。

当然、プラスの考えが貯蔵されている人には、プラスの現象が、形となって現われてくるのです。

また、潜在意識には、冗談は通じません。
たとえ、冗談のつもりでも、他人の非難をしたり、悪口を言えば、ストレートにマイナスの考えが、
潜在意識に貯蔵されていくのです。
ですから、人の悪口を言えば、そのまま自分の心の中に、マイナス思考を落とし込むということになるのです。

周りの人々の成功を願い、周りの人々に感謝することです。
それがすなわち、自分自身の成功につながっていくのです。
他人のことを悪く思えば自分が悪くなり、他人の成功を願えば自分が成功するのです。
これも、心の法則なのです。

成功したいと努力しているのに思うように成功できない方へ「無料メールセミナー」