成功と幸福を呼ぶ言葉03

21 人の為に仕事をすると力が無限に出る

人間は、自分のことになると、真剣になりますし、力が出ます。
しかし、本当は、周りの人々の為に仕事をすると、もっとすごい力が出るのです。

人間は、人の為に行動すれば力が出るような構造になっているのです。

例えば、原始時代において、仕事とは狩や猟に出て食糧を確保することでしたが、
自分一人分の食料を得る為に仕事に行けば、一人分の食料を得る力しか出ません。

しかし、家族を養う必要性がでてきたり、周りの人々の食料を確保しなければならなくなると、
それだけの力が必要になってきます。
それだけの知恵も必要になってきます。
多くの人を養わなくてはいけなくなると、単純に腕力だけではなく、知恵が必要になってきます。
知恵を使えば、当然、頭脳も賢くなっていきます。

このように、人間は、必要な分量だけできるようになっているのです。
自分一人が食べる分量を確保していくには、それほど力は必要ありませんが、
家族や周りの人々の食料を得る必要性が出てくると、それに応じた力や知恵が出てくるのです。

人間の身体を考えても、筋肉は鍛えた分だけ盛り上がるのです。
重いものを持ち上げる必要を与えることによって、筋肉は鍛えられるのです。
盛り上がって、ものを持ち上げるのに必要な筋肉になっていくのです。

また、同じように知恵も必要に応じて出てきます。
しかし、人間の筋肉にはある程度の限界があるのに比べて、知恵というものには限界はありません。
人間の知恵は無限なのです。
必要に応じて、工夫できるように、知恵が働くのです。
この知恵も、力と同じように、自分一人の為に使おうとしても、わずかにしか出てこないのです。

しかし、この知恵を家族や、周りの人々や、会社や国家の為、という具合に大きな単位で使えれば、
はかりしれないアイデアや工夫が生まれてくるのです。

ここで重要なことは、周りの人々の為に行動する根本には、愛があるということです。
人の為に、何かをするということには、愛が必要なのです。

その愛の気持ちが、力になり、知恵に結びついていくということなのです。
自分を愛する自己愛だけですと、自分が生きていくのに必要な力や知恵だけがあればよいのですが、
それはほんのわずかなものです。

人の為に何かをやるという愛が、より力強くなれる、無限の知恵を引き出す原動力になるのです。
周りの人々を愛する気持ちで行動すれば、当然それだけの知恵を必要とするのです。

家族や同僚や社員、広くは国家の人々や、全世界の人々の為に、何かをしようと思えば、
それに必要な力や知恵が出てくるのです。

成功したいと努力しているのに思うように成功できない方へ「無料メールセミナー」